読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の家と店舗を建てるんだ!! 計画と妄想の記録

2018年3月完成を目指し、住居と店舗の併設住宅を計画中。 大工だった父親が建てた家を取り壊し、園芸と雑貨のお店を併設した住居を建てる予定。 記録と妄想用にこのブログを!

今日までのあらすじ⑨   思いにふける

 

9月ごろ

ローンの審査が通り

やりくり準備はできましたが、

まだ何も決まっていません。

(家の引き渡しまでのタイムリミットは2年後となりました)

 

恋い焦がれるあの方、、、

著書『小屋から家へ』を読んでますます思いが募ります。

園芸店なのでもしかしたら、屋根に雨水の樽がつくかも、、とか

妄想が膨らみます。。

 

氏は本書の中で小屋の条件を5つあげていますが、

その内のふたつ

 

”生身の人間が、肉体的、身体的、生理的、即物的に住むための場所というだけでなく、理性も知性も感性もそこに安住できる『精神のすみか』の品格を備えていること”

 

”なによりも自分自身と心静かに向かい合える場所”

 

住宅の設計をする上で無意識のうちに同じことを考えているそうです。

私にとって、

このふたつはお店をやる上でも大事だし、これから死ぬまで暮らし続けていく上でも

とても大事な道しるべとなるでしょう。

f:id:miwa-planted:20170107175622j:image

 

 

この段階で、

創建舎さんには4度ラフプランの打ち合わせをして頂いています。

このまま創建舎さんと家づくりをしてゆくか、泡よくば中村さんの話も

聞いてみたい。

創建舎さんにどう伝えれば、直球で伝えてみよう。

 

状況的には、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなた(創建舎さん)のことは好きなの。

でも、どうしても忘れられない人がいるの・・・

だからお願い。

結婚する前に一度でいいから

その人に会わせて。。。

彼には大勢のガールフレンドがいるし仕事も忙しいの、

だから私の事なんか振り向いてくれるわけない。

だけど、、、

この気持ちのまま結婚できないっっ。。

お願い。

一度彼に思いをぶつけさせて・・・

もしダメだったら

あなたの元に戻ってくるわ・・

自分勝手で都合のいいことを言ってごめんなさいっっっ。(涙)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長くなり申し訳ありません、お付き合いいただき有り難うございます。

しかし私は真剣です。

 

創建舎さんは言いました。

『待つよ』

そして

『もし彼とうまくいっても愛人契約交わさない?』

 

???

 

創建舎さん曰く、

中村さんとの仕事はすごく興味があり、とても好きな建築家さんだと

工事は創建舎に請け負わせて欲しい。

欲しいというよりかは、必ずうちがやると。(そこまでは言っていませんが)

さらっと言われましたが、強い意志を眼に感じました。

 

2016年11月の風のつよい日でした。

 

↓↓↓ ポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ